コラム

嫁って呼び方が嫌い!?地域によって言葉の捉え方が違うの?

嫁と言う呼び方が嫌い!?

昔から何度もテレビやSNSなどで話題になっている言葉、「」。

 

あなたは「嫁」という呼び方を聞いてどう感じますか?

また、実際に奥様のことを嫁と呼んでらっしゃる男性、そして、旦那様から「嫁」と呼ばれている女性の方はどう思っているのでしょうか?

 

先日、「嫁」という言葉をツイッターで使ったとして、大炎上したニュースが話題に。

すぐに、当事者の方が謝罪されていました。

その際、ツイッターでは「嫁」という言葉が「差別用語」になるのでは?

そういって、昼のワイドショーでも熱く議論されていました。

 

果たして嫁という言葉が本当に差別用語になるのか?

 

当記事では、そのあたりのことを調査しました。

 

嫁と呼ぶことはいけないこと?周りから嫌われるって本当?

それでは、実際に「嫁と呼ばれることが嫌い」、「嫁と呼ばれることに抵抗がある」、

そんな人達のツイートを紹介します。

 

 

 

「嫁」という言葉があれだけ騒がれていたので、どんな批判的なツイートが多いのかと思いきや、意外と少ないのに驚きました。

 

確かに「不快」とか「嫌」という意見もありますが、ほとんどの人は「夫婦がそれでよければ良いんじゃないの~

このような意見が多かったですね。

 

 

今まさに騒がれている話なので、ツイッターを見ても大勢の人が取り上げている話題ですが、

以外に多いのは「当事者達がよければ、周りがとやかく言うことじゃない」って意見が大多数でした。

 

嫁と呼ばれることに抵抗を感じる心理は?

それでは、「嫁」という言葉がなぜ人を不快にするのか?

 

そもそも嫁という言葉の意味は、結婚相手の家にとつぐこと、つまりは嫁に行くってことですね。

ということは、嫁という呼び方は、夫の両親から見た場合の呼び方というのが定説のようです。

 

しかし、最近ではあまり両親と同居すること自体少なくなってそうした呼び方に違和感があるのかも知れません。

それと、「嫁」という言葉がもっと普通に使われていた時代の男女に対する考え方の違いなどもあるのかも知れませんね。

 

 

関西圏では「嫁」という言葉はごく普通に使われている?

実は筆者は関西出身。

そして、既婚者です。

 

しかし、筆者の場合、妻のことを呼ぶときは下の名前で呼んでいます。

これは意識しているわけではなく、結婚前からの習慣によるものです。

 

会社の同僚や上司と妻の話題になった時は「嫁さん」

妻に対しては名前で呼びますが、友人や会社の上司とかと妻の話をする時は、

「うちの嫁さんがね~」というふうに話していますね。

 

「嫁」ではなくさん付けで呼んでいます。

まあ、嫁も嫁さんも同じ意味ですから一緒のことなんですが。

 

ただ、筆者の妻を知っている友人と話すときなんかは、「〇〇がさ~」というふうに下の名前で呼んでいますね。

だから、テレビやツイッターなんかで「『嫁』と呼ぶことは差別用語だ!」って初めて聞いたときは正直「?」ってなりました。

 

少なくとも同じ関西出身の友人知人はだいたい筆者と同じような感じです。

 

無意識レベルで「嫁さん」という言葉を使っていたので関西ではそれが普通だろ、って思っていたら、中には「嫁」という言葉が嫌いって男性もいらっしゃいました。

ちょと以外でしたが。

そう考えると、筆者が考えていた「関西圏では嫁さんと呼ぶのは普通だろ?」って認識は正しくなかったということになりますね。

 

どこに住んでいようが、「嫁」という言葉を聞いて不快に思う人がいるということですね。

だけど、今まで「うちの嫁さんがね~」と言っていたのに、急に「うちの妻がね~」とか「うちの家内がね~」とはなかなか呼べそうにないですし、

おそらくこれからも「うちの嫁さんがね~」って話していると思いますが、筆者は妻のことを大事に思っていますし、かけがえのないパートナーであることに変わりはありません。

 

今回の騒動で妻に確認したところ、「嫁さん」と呼ばれることには何の違和感も不快感もないとのことでした。

 

 

まとめ

「嫁」という言葉について色々と世間の反応と筆者の考えを述べてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

実際に筆者のように「嫁さん」という言葉を日常的に使っている人からしたら

  • 別に他人にとやかく言われたくない
  • 夫婦のことだから口出ししないで欲しい
  • 今更呼び方を変えれるか!

って人もいるでしょう。

 

しかし、それでは元も子もありません。

筆者が思うに、口頭で「嫁さん」と呼ぶことはいいと思うのですが、やはり多くの方が目にするであろう、SNSでの書き込み等では、「嫁」という言葉をあまり使わないようにすればいいんじゃないかと思います。

 

そうすることで誰も不快に感じないならそれでいいんじゃないでしょうか。

 

このように、同じ言葉を使っていても、地域や人によって捉え方がぜんぜん違うということですね。

-コラム

テキストのコピーはできません。

© 2020 Motto Shiritai Powered by AFFINGER5