イベント

クリスマスって日本と欧米ではどう違うの?わかりやすく解説!

クリスマスって日本と欧米ではどう違うの?わかりやすく解説!

クリスマスは年中あるイベントの中でも当別なものですよね。

 

特に若い人たちにとっては思い出深いイベントです。

街中に飾られた色とりどりのイルミネーション、街中から流れてくるクリスマスソング。

子供から大人までウキウキする一大イベント。

 

そんなクリスマスですが、物心ついた頃から自然と身についたクリスマスの習慣や行事、ここ日本と、欧米諸国じゃ以外に違いが多いんです。

 

そもそも、クリスマスとはイエスキリストの生誕を祝う日。

つまり本場海外では、国民的な行事ということですね。

 

かたや日本では経済効果が大きい一大商業イベント(日本人の中にも、キリスト教を信仰されている方もいらっしゃいますが、あくまで世間一般的な解釈です)。

 

この時点で大きな違いですよね。

 

当記事ではそんなクリスマスの日本と欧米諸国の過ごし方や習慣の違いなどを取り上げてみたいと思います。

 

 

日本でのクリスマスの過ごし方

ここ日本でクリスマスといえば、好きな人や仲の良い友達と一緒に過ごす、というのが一般的なのではないでしょうか。

クリスマスイブには恋人や友人たちと、いつもと違うおしゃれなレストランで食事をしたあと、プレゼントを交換して、一緒にクリスマスを迎える、このような過ごし方が定着していますね。

 

もしくは、小さいお子さんがいるご家庭では、家族で一緒に食事をして、クリスマスケーキでお祝いして、翌日のクリスマスに子供が起きてきて、ツリーの下に置かれたプレゼントを見つけて大喜び、

こんな感じですよね~。

 

クリスマスに食べる料理といえば、定番なのはフライドチキンですよね。

しかしクリスマスにフライドチキンを食べるのは世界中どこを見渡してもここ日本だけというのを知った時は驚きました。

これは、日本に住んでいた外国人が、七面鳥の代わりにフライドチキンを食べたのが始まりとも言われています。

 

そして、チキンを堪能した後は、生クリームやフルーツがたくさんのったクリスマスデコレーションケーキを食べるのが日本流

 

 

海外(欧米)でのクリスマスの過ごし方

アメリカやイギリスでのクリスマスといえば、家族や親族と過ごす神聖な日なのです。

前述しましたが、イエスキリストの誕生日を祝うためのクリスマス、基本的にクリスマスは店やレストランも早く閉店して、みんな家族の待つ家に足早に帰っていきます。

 

そして、前日のイブから一緒に過ごし、クリスマスは教会でお祈りする。このようにクリスマスといえば家族が揃って厳かに過ごすことが一般的なようです。

そして、料理に関しては、アメリカでは七面鳥を食べるのが一般的。他にも羊肉やローストビーフ等、デザートはシンプルに家庭で焼いたクッキーや、フルーツの入ったケーキを食べる家庭が多いみたいです。

 

>>クリスマスにぴったり!ダッチオーブンを使ったローストビーフの作り方はコチラ<<

 

ヨーロッパでは、国によってまちまちですが、ロンドンに在住の筆者の友人に聞いたところ、七面鳥よりは、ローストチキンやハムを食べることが多いそうです。

デザートはクリスマスプディングといって、小麦粉や卵などの他に、ラムやブランデーをふんだんに使ったケーキを食べるのが一般的なようです。

クリスマスプディングは食べる前に一旦火を点けてアルコールを飛ばすらしいのですが、その時、プディング全体が青い炎に包まれて、とても幻想的だと言ってました。

一度食べてみたいものです。

 

そして、クリスマスの翌日、イギリスやヨーロッパ等では【ボクシング・デー】と言って特別な休日があるのも特徴です。

 

>>【関連記事】ボクシング・デーって何? 気になる意味や由来を解説!<<

 

プレゼントに関しては、日本と違い、集まった親戚たちからそれぞれ配られて、相当な数のプレゼントになるようです。

もちろん、同じ数のプレゼントをお返しするのは言うまでもありませんが。

その分、日本のように、高価なプレゼントばかりではなく、ちょっとした物も多いみたいです。

いくら高価じゃないとはいえ、たくさんのプレゼントを買うので結構な出費のようですが、日本のようにお年玉がないので結果的には同じようなものと言ってました。

 

日本と海外(欧米)でのクリスマスの違い

前述した日本と海外とのクリスマスの違いですが、ここでもう一度比較してみます。

 

日本のクリスマス

  • 11月に入ると、街のあちこちでは色とりどりのツリーが飾られ、一気にクリスマスムードに染まるが、25日のクリスマスが終わると同時に装飾は片付けられて、お正月ムードに早変わり
  • 海外とは違い、日本のクリスマスといえば前日24日のイブに祝うことが多い
  • クリスマスイブやクリスマス当日も街やお店も賑わい、人が溢れかえって経済効果も高い
  • クリスマスの定番と言えばケンタッキーに代表されるフライドチキンやデコレーションケーキなど
  • プレゼントは恋人や仲のいい友人など、海外に比べてそれほど多くはない

海外のクリスマス

  • 11月の終わり頃からツリーなどの装飾が施され、新年を迎えてもしばらくはそのまま飾られている
  • 日本と違い、クリスマスのメインは24日から25日のクリスマスまでずっと厳かにお祝いムード
  • クリスマス当日は、街は静まりお店なども閉めているところが多い。家族団らんの食事の後、教会のミサに出かけたり、家族で過ごす時間を大切にしている
  • クリスマス料理といえば、七面鳥の丸焼きや、ローストチキン、子羊の肉、ハムといった肉料理から、じゃがいもや豆を使った料理、デザートはクッキーや手作りのケーキなどで日本と比べると地味な印象
  • プレゼントは家族や親戚など、たくさん用意される

>>クリスマスの飾り付けっていつからいつまで?日本と海外の違いを比較してみました<<

 

日本と海外(欧米)とのクリスマスに対する意識の違い

いかがですか?同じクリスマスといえども、本場の欧米とここ日本では、色々違うものですが、そもそもクリスマスに対する意識が全く違うのですらか当然といえば当然。

 

先程から何度も繰り返しになりますが、クリスマスはイエスキリストの生誕を祝うための行事です。

クリスチャンの多い欧米諸国では1年を通してもクリスマスは特別なお祝い事

家族や親戚、友人たちの幸せを願って、教会にお祈りに行って、この神聖な日を大事な家族と過ごす特別な日なのです。

 

対する日本はというと、クリスマスというものを日本に持ち込んだのは1550年頃の宣教師が始まりとされています。

しかし、この時代にそのようなお祝いが堂々と行えるはずもなく、幕府の弾圧により消え去ることに。

 

それから月日が流れ、日本国民の間にクリスマスという概念が浸透したのは明治になってから。

そのきっかけと言われているのが、銀座の明治屋がクリスマスツリーを飾り大々的にクリスマスを取り上げたことでした。

そして、不二家が日本初のデコレーションケーキを発売しました。

それ以降はあっという間に国民の間に定着したと言われています。

 

つまり、宗教的意味合いの強い、欧米諸国と違って、日本のクリスマスは商業的、または娯楽的な意味合いが強いということです。

 

クリスマス当日は街がひっそり静まりかえる欧米と違って、日本では街が活気に満ち溢れるということがソレを物語っていますよね。

 

クリスマスの経済効果が高いというのもその現れですよね。

 

それでも、やっぱりクリスマスというのは、子供だけじゃく、若者や大人にとってもウキウキする一大イベントなのは言うまでもありません。

 

 

まとめ

ここまで、日本と欧米のクリスマスの違いなどを紹介しましたが、いかがでしたか?

クリスマスいえば、プレゼントが貰えるから!!そんな子供たちや、

クリスマスは恋人と一緒にワイワイ楽しむんだ!!って若い人たちも、

クリスマスの海外での考え方や風習などを知ってみると、また違ったクリスマスを感じれるのではないでしょうか。

 

難しいことはわからなくても、キラキラしたイルミネーションに包まれた街並みを見るとロマンチックな気分になりますよね~。

 

今年もそんなクリスマスがすぐそこまでやってきています。

 

コチラもおすすめ
クリスマスにオススメの料理は?ダッチオーブン焼くローストビーフで決まり!
クリスマスにオススメの料理は?ダッチオーブンで焼くローストビーフ!

続きを見る

-イベント

テキストのコピーはできません。

© 2020 Motto Shiritai Powered by AFFINGER5